西日本食品産業事業協同組合の概要
Outline of union

当組合は、1998年頃産業給食業者の共同購買組織として設立され、2002年に法人組織となりました。低コストで高品質な食材を提供しています。
当初は中国からの食材輸入が主業務でしたが、最近ではベトナムからの直接輸入も行っております。
また2006年からは外国人実習派遣事業にも進出し、中国、ベトナム、ミャンマー、カンボジア人の受け入れを行っており、延べ1071人の外国人実習生を各種業界の企業様に配属致しております。 2013年には自社集合研修施設も完成し、最大で一度に62名の研修が可能となりました。

このように当組合は、共同購買事業部門と技能実習生部門の2つの事業展開を拡大しており、ここ長崎の土地から日本企業と諸外国の架け橋になれるように日々努力しています。

※2017年11月に施工された「外国人技能実習法」では、監理団体は「一般監理事業」「特定監理事業」の2種に区分されるようになりました。
「一般監理事業」はある一定の要件を満たしている優良な監理団体が認可され、技能実習生の最長5年間の受け入れが可能となる他、受け入れ人数が2倍に拡大することが可能となります。
「特定監理事業」は通常3年の受け入れのみ可能となります。

技能実習生部門
Technical internship department

共同購買事業部門
Joint Purchasing Business Division

事業所アクセスマップ
Access map

西日本食品産業事業協同組合
〒854-0126 長崎県諫早市松里町1628-54
外国人技能実習制度についてのお問い合わせや共同購買事業に関するお問い合わせ

Copyright(C) 2008- 西日本食品産業事業協同組合 All Rights Reserved.